長崎 おおむら よかトコなび

日本語  English
繁体中文  簡体中文
한국어 








仏の谷(ほとけのたに)

仏の谷(ほとけのたに)

基本情報

住所 大村市中岳町(萱瀬ダム近く)
交通手段(アクセス) 大村ICから車で約20分、国道444号線沿いのふれあい広場に 駐車後、徒歩約15分。
大村駅からバスで約35分(ダム下バス停下車)、徒歩約15分。
説明  明暦3年(1657年)、潜伏キリシタンが発覚した大事件「郡崩れ(こおりくずれ)」の発端となった場所です。当時、日本では徳川幕府がキリスト教の信仰を禁止し、厳しい弾圧を行い、キリシタンはいなくなったと思われていましたが、山道の奥にある「仏の谷」では、熱心なキリシタンが絵像をまつり、ひっそりとお祈りしていました。ある時、「天草四郎の再来と言われるような少年が居り、萱瀬村の久良原の岩穴に隠しているキリシタンの絵を取出し、奇妙な術法を説いている。」と郡村に住む百姓が外部に漏らしたことから、潜伏キリシタン603人が捕われ、このうち406人が処刑される大事件に発展しました。
駐車場 ふれあい広場に駐車可能

Page top